先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見

先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと出生数全体の約4%とされています。奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、ある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素がビタミンB群の一つである葉酸です。ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、妊娠初期の間に摂取することが最も重要で、妊娠がわかったときから、葉酸は必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても言いすぎることはありません。
ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が多く含まれているのはご存じでしょうか。



食事の中で効率よく葉酸を摂るために使って欲しい食材の一つがゴーヤーですが、一度にたくさん食べないよう注意してください。


極端なゴーヤーの摂取によって、何となく胃がもたれる、下痢を起こしてしまうなど、思わぬ不調が出てくることもあるようです。

そのような辛い症状は母体のみならず、胎児にも良くない影響が及ぶかもしれません。
妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることはずいぶん知られるようになりましたが、実は妊娠初期だけでなく、出産に至るまで赤ちゃんにも母体にも葉酸が大事な栄養素に他なりません。葉酸の摂取は、妊娠後期にも胎児のすこやかな発育を促すものであり、母体にとって危険な貧血や妊娠中毒症の予防にもなります。


そのため、妊娠初期を過ぎても、出産後、授乳が終わるまで葉酸を意識して摂取するのが一番良いでしょう。出来るだけ早く赤ちゃんが欲しいからと妊活している時、適切に栄養を摂ることは不可欠です。

肥満はよくないですがダイエットはやめておいて、栄養摂取をしっかりと行いましょう。


間食は栄養を摂る目的と捉え、過剰摂取に気を付ければストレスを解消するという意味でも有効です。
妊活と言えば、ママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、本来、夫婦であるならば女性のみでなく男性も一緒に妊活を行うものです。


ですので、男性のすべき妊活である、毎日の食事に注目してみましょう。



妊活中の男性が摂るべき栄養素として、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などがあります。こういった栄養素を多く含んでいるものを食生活に取り入れて、さらに妊活の効果を上げていきましょう。



重要なのは、妊娠初期に葉酸を意識して摂ることです。だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、推奨されているのは、授乳が終わるまでです。そんなに長い期間と言われそうですが、どんなに短くても妊娠中期までは葉酸を強化して摂るようにしましょう。



葉酸を摂るのは子供のためだけではありません。お母さんが元気で過ごすためにも必要となる栄養素なので欠乏しないようにがんばって摂るのが望ましいのです。どんな人でも続けられそうな葉酸の摂取というといろいろあるわけです。



一番手軽なのは食事から葉酸を摂ることでしょう。



現実には、葉酸は熱に弱いのが特長のため通常の場合はともかく、妊婦にとって必要な量を食事だけで摂ろうとすれば妊娠中ずっとと考えると、実に大変なことです。

葉酸を効率よく摂取することを考えても、サプリなどを併用する方が現実的です。



もし飲む時間帯を気にするのなら、食後が最適でしょう。



布ナプキンをご存知でしょうか。布ナプキンと言って連想されることといえば使った後、洗濯が面倒くさいし、漏れないか気になる、と使うことに戸惑いを感じる人がかなりいると思われます。
そうは言いますが、実をいうと布ナプキンはその名の通り布でできているので、ムレやかゆみの不快感が消え、温かさを感じることができます。このことから、生理中のストレスが改善され、体の冷えを防止するという女の人(妊活中に限らず)には大切な子宮の中の環境を良くするのに効果があります。



妊活を行っている女性は飲み物にも注意しましょう。成分にカフェインを含む飲み物は受精卵が着床しにくくなったり体の冷えの原因にもなるので妊活には不向きです。



お茶のうち、体を温めてくれて、なおかつノンカフェインのものが適しています。

例えばミネラルがたくさん入っているルイボスティーや漢方薬でもあるたんぽぽ茶などはおすすめです。

栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくてはならない栄養素だと言えます。脳をはじめとした神経系が形成されるのは主に妊娠初期ですが、ここで葉酸が発育を促進する働きをするからです。
どんなものを食べれば葉酸が摂取できるのか調べるのが大変、大体知っているが十分な量を摂れないなどの悩みをお持ちの場合は、青汁の他、栄養補助食品で上手に摂取すれば良いのです。赤ちゃんだけでなく、お母さんの身体のためにも、積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。