医師の勧めもあって、妊娠がわかる

医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、サプリメントで葉酸を摂り始めました。



お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと急がされましたが、では、いつまで飲めば良いのかとは最後まで何も言われなかったのです。
1袋空いたところで良いかと思い、サプリメントを飲むのは止めました。



ところが、授乳が終わるまで葉酸を摂った方が良いと最近聞いたのでサプリメントをもう1袋買って、飲み始めました。妊活で大切なこと、それは基礎体温を測るということです。毎朝、欠かさず基礎体温を測ることにより、今、身体がどんな状態であるのか把握でき、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、または妊娠の可能性だったり排卵日だったりといった重要なデータを把握できるのです。

蛇足ではありますが、基礎体温とは、朝起きてすぐ体温測定を行うことで分かります。葉酸のサプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってから赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、牛乳を毎日大量に飲んだのです。

今までそんなことはなかったのですが、牛乳が合わなくなっていてお腹がごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。


妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われ鉄分を摂るために薬を飲みましたが、妊娠初期のうちからカルシウムや鉄分が摂れる葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。

そろそろ赤ちゃんを、というとき二人で一緒に葉酸を摂りましょうと言われるようになりました。
葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、全ての細胞が活発に増えていくために絶対必要な栄養素であり、妊娠のためのビタミンと言われているのです。葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、これが受精卵を守り、育てていくので妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。女性は妊娠前も妊娠している間も出来る限り健康に良くないものを排除していないといけません。
そういう意味でも、妊活中はたばこを吸うのはやめましょう。
タバコは「嗜好品としてのリラックス効果」というものはあっても、体にとっては有害です。現在喫煙者中の方は、妊活と同時に禁煙もおすすめします。不妊症が分かって妊活に入っていくケースでは、なかなか結果が出ないと、精神的に疲れてしまいます。



そこで、期間を定めて、夫婦でとにかく一丸となって取り組もうと最初にしっかり話し合っておくことが最善策ではないでしょうか。

期間を設けることで、2人で考えて出した答えだから諦めないで頑張っていこうと前向きに思い続けることができます。
そろそろ妊活に入っていく女性が行うべきことは一番初めに、ママになるために自らの体を整えることです。毎日の体の動かし方の癖で骨盤に歪みの影響がみられてきます。
体や骨盤の歪みが妊娠の妨げになるともいわれています。


不妊だったりマタニティだったりを重点的に治療している整体院も登場しています。
赤ちゃんを迎え入れやすく快適に過ごせる環境を作るため骨盤矯正を受けてください。
妊娠を考えていて煙草を吸っている方は、今すぐに止めてください。



皆さんご存知のように、煙草を吸う事で人体に有害な作用によって健康に問題が出て妊娠しにくくなるケースがあるのです。



喫煙の影響は女性だけの問題ではなく男性側にも同じことが言えるでしょう。
女性に関して言えば排卵障害など、男性については、精巣の機能が低下するといった影響があるようです。ですから、妊娠を希望している場合はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。漢方は妊活に使われることもあります。即効性はありませんが、漢方は体質を改善するような効果がありますので妊娠しやすい体づくりに有効です。この頃は薬局でも販売されていて、容易に手に入れることが可能です。
お金が気になる方は、漢方療法を不妊治療に取り入れている病院に診てもらうことをおすすめします。

まず診察が必要となりますが、保険適用でいくらか安くなります。



赤ちゃんが欲しいと思っている方は日頃から栄養のバランスを考えたいものですが、特に葉酸の不足が問題で、胎児の神経系に障害が発生しやすくなることが知られています。水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく体内に蓄積されるものではなく、日々摂取しなければならない栄養素だということを忘れないで欲しいのです。モロヘイヤ、ほうれん草などの葉物野菜の他、イチゴなどの果物やレバーなどにも多く含まれている栄養素なので、そのような食材を毎日食べるようにしましょう。