葉酸は、妊娠したらたくさん摂らなくてはな

葉酸は、妊娠したらたくさん摂らなくてはならないと焦っている方がけっこう見受けられます。


頭に入れておいて欲しいのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。

葉酸という名から考えても、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。
意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったのでお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。
食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。
妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。妊活中に煙草を吸うと、体へ強く影響し健康な妊娠の支障になるケースがあります。



もちろん、喫煙の影響は女性のみの問題とは言えず、男性側にも同じことが言えるでしょう。女性に関して言えば排卵障害など、男性は精巣機能の著しい低下が指摘されています。こうしたことを踏まえてみると、妊活をしている場合は女性だけでなく男性も喫煙を中止するようにしてください。妊活と言えば、女性の活動とイメージされがちですが、本当なら、夫婦二人にとって、男女が協力して妊活を行うべきです。

そういうことで、男性の妊活として食事について考えていきましょう。
男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、亜鉛、アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。
こういった栄養素を多く含んでいるものを食生活に取り入れて、妊活の成功率をよりアップさせましょう。
女性は妊娠前も妊娠している間も可能な範囲で健康に悪い影響を及ぼすものを取り除いていかねばなりません。そういう意味でも、妊活を行っている間は喫煙を控えましょう。
リラックスさせる作用も喫煙にはありますが、決して体に良くはないです。
喫煙習慣のある方は、妊活のみならず禁煙も行うべきでしょう。近頃は多くの方が知っていることですが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも全身で細胞分裂が盛んに行われて、急速に発達していくのです。



そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。


さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしており母子どちらからも求められる栄養素なので、妊娠を希望したときから、赤ちゃんがミルクや離乳食で栄養を摂れるようになるまでの間、しっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では全体の約4%というのが平均的な数値です。

奇形のリスクは高齢出産などで高くなりますが、奇形のリスク低下に役立つと言われる栄養素こそ最近有名になってきた葉酸です。特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな妊娠初期の間に摂取することが最も重要で、その意味では、葉酸とは妊娠中の女性に最も強化しなければならないビタミンだと言っても問題ないと思ってください。暑くなってくるにつれ、何気なく冷やした飲み物を飲みたくなってしまいますが妊活を行っている時は普段以上にできるだけ体の熱を奪うような飲み物は避けた方が無難でしょう。

それに対して、ホットな飲み物をとることは妊活にもプラスになります。生活全般で日頃から体を冷やさないように気を付けてください。
妊娠に気づくのが遅かったなどで、後からそういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすれば葉酸摂取を早急に始めなければなりません。

母体内での胎児の発育を促し、無事生まれるようにするには妊娠期間中ずっと、葉酸を摂り続けることが望ましいのです。

葉酸が十分に摂取できていなくて、葉酸の不足を自覚したら、どんな手を使ってでも葉酸の所要量の確保をめざし、対策を考え、手を打たなければなりません。妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることはずいぶん知られるようになりましたが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても葉酸は母子ともに重要な役割を果たしています。

出産まで、葉酸は胎児の発育を助けますし、お母さんも貧血や妊娠中毒症を防ぐことにつながります。



そのため、妊娠初期を過ぎても、出産後、授乳が終わるまで葉酸を強化して摂っていければベストです。


皆さんは「マカ」というものを知っていますか?これは効果として、男性のスタミナアップが挙げられるのですが、それだけではありません。



妊活をしている女の人の体の中の血液の巡りを良くしてくれるような作用があるため、体をより妊娠しやすい状態に近づけることが出来ます。それに加えて、効果の一つにホルモンバランスを安定させるという働きもあるので、基礎体温の波形も正常になって、女性の体の中を安定させることに有用であると言えるでしょう。